お葬式
未分類

お葬式で自分の死を考える

先日、お葬式に行ってきました。

普段はあまり意識しませんが、人のお葬式に出ると、自分の死について考えることがあります。

自分が死んだら、どんな人が来てくれて、どんな葬式になるのだろう。

いつ交通事故にあって死んでしまうかわからないのだから、残された人が困らないように身辺整理はしておかないといけないかな?

どんな死に方をするのだろう。

交通事故や、心筋梗塞などで急に死んでしまうのも嫌だな。

でもガンなどを告知されて余命を伝えられても冷静でいられるだろうか?

本当に色々な事を考えます。

両親が高齢の人だったら、自分だけでなく、両親の死についても考えるかもしれません。

ご自身が高齢の方は、よりリアルに自分の死を意識することだろうと思います。

お葬式には、色々な年代の方が出席していますが、それぞれ何かしらの形で死をいうものを意識する機会になるのだと思います。

人間、いつかは死ぬわけですから、お葬式という死を意識する機会があることは、ある意味良いことなのかな、と思います。

お葬式の参列者